読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちなみに

火曜日の空は僕を押しつぶした。

雪と週末

土曜日の朝は起きると雪世界だった。 こんなにつもるの久しぶりな気がするけど去年の記憶はないから定かではない。

友達からお誘いいただいたので、彼の住んでいるシェアハウスで行われたあんこう鍋に寄せてもらった。 ものづくりをしている人が集まっているシェアハウスですごくいい雰囲気だった。 住人のみなさんもみなさん何かを作る人という感じがして、それぞれに自分なりの世界観を持たれていてかっこいいなと憧れの気持ちを抱いていた。 けっこう夜遅くまでお邪魔してしまったけど、普段できない話を聞いたり、同世代オタクトークが出来たりして、すごく楽しかった。 森見登美彦先生好きの方から「夜行」いいという話を聞いて、文庫で買おうと思っていたのだけれど、あきらめてKindle版を買った。 余談だけれど、文庫でカバーを外して雑にかばんにつっこんであるのを、空いた時間に取り出して読むのが好きなので、Kindle版とか、単行本だとかだと、読書するぞって感じがして若干苦手で、願わくはすべての小説は文庫本サイズで出てほしい。

ちなみに、帰りは雪まみれで厳しかった。

翌日は絶対に外に出ないという強い決意を抱いて食事すら断念していたのだけれど、近所の友達からおいしいビールがあるという甘い誘いをうけて、仕方なく出かけたのであった。 手作りの餃子を作る会だったのだけれど、行ったときにはすでに用意は完了していて、つつむところをちょっとだけやらせてもらったのだけれど、かなり面白かったので最初から参加すれば良かった。 焼き餃子、水餃子と楽しんで、炊きたてのご飯までいただいて、デザートまで出た。久しぶりにりんごの皮をむいたけど、なんとかむけて助かった。女子力は0になってない。 食べすぎてしまってけっこう気持ち悪くなってしまったので、食べ過ぎには注意したい。年齢を考えて行動したい。

ところで私はもうすぐ31才になるのだけれど、初対面の人にはだいたい年下に見られる。 若くみられるのはいいことなのかもしれないけれど、気持ちとしては年相応に見られたい。 どうすれば年相応に見えるのかを今年は考えていきたい。