ちなみに

火曜日の空は僕を押しつぶした。

日記

牛の様子です。男の子が葉っぱをあげているのがかわいかった。

朝から低気圧で頭が重い重い。低気圧のせいにしているけど実際はどうなんだろう。 梅雨は雨が多くて気分が滅入りがち。今年はそんなに滅入ってない気もする。

だんだんと終わりに近づいてきて、不安も募っているのだけれどやっていくしかない。 働き方がちょっと変わっていて、無限に働く技を封印しつつあるので、うまいことやるしかない。 もともと筋力で解決するタイプだったので、もうちょっとスマートに。

夜は飲みに行ったところ、また寝てしまって最近もう駄目。 ちょっと前までこんなに眠気に負けることはなかった気がするのだけれど。 睡眠、だいぶ調子良くなっているのだけれどまだ駄目なのか。 それとも状況についていくのに疲れているのか。必要な疲れ。

久しぶりに珈琲を淹れたらまた苦くなって、やっぱり毎日練習しないと駄目だなと。

日記

いいヘッドフォンをiPhoneに指す様子です。

火曜日は月曜日休んだ分を取り戻すのにログを読んだりしつつ、調整が終わったものなどがちょいちょい出てきているので、じゃじゃじゃっと片付けたりした。 昼が地震の影響でケータリングお休みだったので、チームランチ的な意味で外に食べに行く。親子丼がなくなっていたので焼鳥丼にしてみたけど美味しかった。

夜は、旅行後まだ自宅に戻れていなかったので、家の様子を確認しにいく。完全に無風という感じで何も影響がなかった。 実家の様子もまったく何もなかったらしいし安心安全。地震のときに自宅にいない系の家族。家族の細胞分裂について考える日々。

ガパオライス風の晩ごはんがめためた美味しくて、いい終わり方だった。

週末日記

逆さ大山。植田正治美術館とてもよかった。

金曜日、とても気に入っているお店(といっても平日しかやっていないのでまだ二回しか行けていない!)が閉じられるということで、早退させてもらって食べに行った。 ランチを取り置いてもらっていたので、ちょっと遅い時間だったけれどいただく。とにかく美味しくて本当に閉じられるのが悲しい。 和菓子もとてもおいしくて綺麗で大満足だった。

夜は友達の家で、彼のバンドのアルバムをミックスするのを見学させてもらった。 ミックス作業どういうことをするのか全然知らなかったのだけれど、想像していたよりはるかに複雑で根気のいる作業だった。 外野は勝手にビールを飲んでやいやい言って解散した。

土曜日、文鳥をお迎えするという彼女の知人に付き添わせてもらってペットショップ巡りに。 しかしどうにも体調が悪くて車の中でずっとぐったりしていた。 解散してからも調子が戻らずに少し寝こんでしまった。

日曜日、鳥取旅行。準備していたつもりだったのに結局どたばたしてしまって乗るはずだったバスに乗り遅れる。 慌てて別のバスに。ちょうど感じの時間に京都駅につけたので結果オーライ。 高速バスの中は読書も捗るのだけれど、睡眠も捗る。

大山PAで降りたのはいいが何もなくて、本当にここで降りてよかったのかという気持ちになった。 Google先生を信じてしばらく田んぼしか見えないような道を歩いていくと、目的の蕎麦屋に到着。 蕎麦もおいしくて、けん玉も出来たし、猫もかわいかった。ざっくり。

Google先生を信じ切っているので言う通りに歩いていったのだけれど、とんでもない山道に出てしまって、進行不能になったりしつつも次の目的地に。

植田正治写真美術館。今回の旅のメインの目的地。 はしょるけど本当に良かったので全員行ったほうが良い。

タクシーで移動してみるくの里に。美味しいソフトクリームを食べながら最高の景色を味わえた。 インスタグラマーと思わしき女の子が異常な努力で写真を撮っているのをみかけたのでポーズを真似するなどの悪趣味な遊びに興じてみたりしていた。

そこからは歩いてホテルへ。標高800Mくらいのところだったので、めちゃくちゃがんばって登ることに。 車がないと自然が多い場所への旅は厳しい。

ホテル、あんまり人がいなかったらしくスイートにアップグレードしてもらった。 まどの外に大山が綺麗に見えるのでとてもいい部屋。 調度品もよいのが揃えてある感じだった。 しかし、外にもお風呂があったり、ブランコまであって大爆笑。いろんな意味で。

晩ごはんが美味しくてワインも進んだのだけれど、ペースを間違えて速攻寝てしまって完全に失敗だった。 てっぺんくらいに目を覚まして、外の風呂に入ったのだけれど、星がとんでもないことになっていた。 鳥取は星取県なんつって推しだしていて、大山辺りの星は綺麗らしい。

翌日、朝食に行こうと準備をしていたら、連絡がきて「大丈夫」と聞かれる。 なんのことかと思っていたら、どうやら関西で地震があったらしい。 そして思ったより大きい。各所に連絡を取ったりしながら、状況を確認してから朝食にいった。

どうにも帰る手段が失われていそうな雰囲気だったので、予定(といってもそんなにちゃんと決めていなかった)をすべて切り上げて帰ることに。 ホテルの人に米子駅まで送ってもらってきっぷを買おうとするもやはり関西に行く路線はのきなみダメそうとのことだった。 ひとまず岡山まではいけるそうだったのでそこまで行くことにしてやくものきっぷを購入した。

焦っても仕方がないので、ホテルの人が勧めてくれていたお店で海鮮丼をいただいて一服。 やくもにのって岡山に向かうことにした。

寝てしまっていて、岡山の手前くらいで起きたら新幹線は再開したとのことラッキー。 動いているということなので、そんなに焦る必要もなかったので、岡山駅周辺を散策することに。

なんとなしに入った後楽園がとにかくよくてだいぶ長いこと楽しんでしまった。 帰りにチンチン電車も乗れて想定外に楽しんでしまった。晩ごはんも美味しかった。

会社用のお土産を買って、新幹線、久しぶりの指定席で帰路についたのであった。

今回の旅でいろいろなことが進んだような気がした。

日記

水曜日夜に食べたきのこです。きのこ美味しいね。

日記書くのをナチュラルに忘れていていま。ここまで忘れていたのは久しぶり。

昨日は咳がぜんぜん止まらなくて厳しい状況だった。昼間はまあこんこんしているくらいなのだけれど夜になるとそこそこ出る。 昼間も一回出るとしばらく出るという感じだった。あきらめて会社の近所の内科でひとまずみてもらったら、特に何も言われずに薬だけ出るという感じでおろろとなってしまった。 まあ薬飲んてもましにならないならちゃんと呼吸器内科にいこう。

夜は久しぶりに料理をして、親子丼を生成することに成功した。親子丼材料さえあれば手早く簡単にできてべんりそう。 もっと難しい料理だと思っていた。親子丼食べる前に生卵さらに落とすの僕だけですか?

今日の話を書きそうだったけれど、火曜日に書こう。月曜日はおやすみをいただいてます。

日記

夜の境目。デジタルだと再現できない風景と、デジタルでしか見えない風景がある。作った風景ともいう。記憶は捏造されていく。

朝からずっと話し続けるなどの活動をしていてぐったりしてしまった。 普段あまり話さないし、何も考えてないので話すことはない。考えてないのがいいとは思ってない。

チームの歓迎会で肉を食べに行って、めちゃくちゃ大量に出てきたので気持ち悪くなるくらい食べてしまった。 最後のホルモンがよくなかった。

移動してよく行く店で飲み直したりしつつ、数学者の友達にプログラミングの話をしていたりした。 楽しく会話していたけれど、浅い話ならできるけど、深い話はできないなと考えて、少し自己嫌悪に陥る。

帰宅して、会話をして、重要なことを決めてしまった気がする。

日記

引っ越し予定地の真ん前のお店で審査通過祝をした。

朝から夕方くらいまでずっとリリース作業をしていた。 意外と直前にいろいろ出てきてしまって、なんかもうちょっと準備出来ていたと思うので失敗感はあるけど次に活かそう。 終わったらだいぶぐったりしていたが、やることはまだまだあるのでぐおおという感じでこなす。

夜はシュッと退勤して食事に向かったのだけれど、乗ろうと思っていたバスのバス停を間違えていて、間に合わなかったので諦めて違うバスに。 結果的には疎水沿いをぶらぶら歩いていけたので良かったものの、思ったより遠かった。 次は絶対にいいバスに乗りたい。

夜、イタリアンをいただいて、前菜!肉!パスタ!という感じでどれも満足。ワインも美味しかった。 最近おいしいものばかり食べていて、こんなんでいいのか感はあるのだけれど(これ書くの何度目だ?)美味しいものは美味しい。

普段の食卓もていねいになっていてこれが生活。もうちょっと料理できるようになりたい。

日記

これはずいぶん前に上長がまだ京都にいたころに食べた三嶋亭です。写真が枯渇した!!!

昨日はiPhoneのディスプレイが割れて修理したりしていて、朝からバタバタしていた。 結局やらないといけない仕事が終わってなくて、ちょっと残ってしまった。 最近シュッと帰る活動をしているので失敗。 問題が見つかったら帰れないやつだったのですんなり終わってよかった。

夜になって咳が出まくってしまってつらい感じだった。咳は夜に出がち。 今日もちょいちょい出ているのだけれど、今は止まっていて、帰ったらまた出そう。 いい消化器内科を紹介してもらったけど、場所が遠くてシュッとはいけない感じ。 明日まで持ち越していたら、金曜日に予約する算段。木曜日は休み。

そういえば引っ越し先を探していたのが、審査通って今後下手うたなければ確定という感じになった。 2011年4月からなので7年住んだ家を離れるの寂しさはあるものの、新しい生活には心躍るのであった。 しかし引っ越しは面倒。気を失って気がついたら引っ越し完了していたほしい。

ところでひと仕事追えたので今日はなんか疲れたけどまだまだ無限にやることはある。