ちなみに

火曜日の空は僕を押しつぶした。

週末日記

これはコロッケの様子。

木曜日に飲みに行っていたのだけれどめちゃくちゃしんどくてぜんぜん飲めなくておかしいと思っていたら熱があった。 金曜日も動けない感じだったのでお休みをいただいてしまった。 一日中寝ていて、けっこう悪夢っぽいものをみては目覚めて、また寝直すということを続けていた。 あんまり記憶にない。

土曜日、病院にいったあと、部屋の整理などをしていて、古い漫画などを処分した。 売ったり譲ったりすればいいと言う話もあるのだけれど、ちょっといろいろあって処分してしまった。 軽く読み直すといいのが多くて号泣してしまってぐったり。

夜は食事に出たのだけれど店がいっぱいで別のお店にフォールバック。 声がぜんぜん出なかったのと、水分が喉を通らなくて鼻に戻ってきてしまう状態で、楽しみきれず。悲しい。

日曜日、午前中少し金曜日に何もできなかったのを補おうと活動して、昼前くらいにでかける。 四条通り辺りをふらふらして寿司を吸ったりしていた。 喉だけなのでいけると思ったのだけれど、ちょっと調子を崩してしまって脂汗。自分の体調に鈍感。

何年ぶりかの京都シネマで映画をみて、夜はコロッケを食べて帰ったのだった。 いい週末だったけど体調がよければもっと良かったのに。

今週もがんばっていきたい。

猫語の教科書

猫語の教科書 (ちくま文庫)

猫語の教科書 (ちくま文庫)

キャリアアップを考えて新しい言語を学ぶことにしたのだけれど、どうも猫語について学べる本ではなかった。

とある猫が書いたという設定で書かれた小説で、猫が人間の家庭に入り込み自分中心の生活にさせるためのマニュアル本という体裁である。 家庭への入り込み方や、男性、女性それぞれの陥落の仕方、食事の貰い方から、仕草についてなど多義に渡って本当に猫が書いたかのように真実味がある書き方がなされている。

読み物としてもおもしろいのだけれど、人間についてするどいことが書かれているので、人付き合いについての本だと思うと別の読み方もできる。

日記

やっといけたノッタカフェ。

久しぶりにScalaを書いていてぜんぜん進まない。 ゴミのような人材と自分を罵り続ける。

夜はこれを眺めにいくので、いつもより早めに退勤。

前の晩から怪しかったけど日中だんだん喉がいたくなってきて、夜には尋常じゃなくいたくなっていた。 水分でも喉を通すとかなり痛い。アルコール消毒が必要だと思って飲んでいたけど、あまりに痛すぎて早々に離脱。 ちょっと仕事してから寝ようと思っていたのだけれど、想定以上にしんどくてすぐさま寝てしまった。

朝になっても全然痛みがひいていないので病院にいったら、3分くらいで喉はれてるので薬出しときますで終わってしまった。 まあそうですね。薬ゲットしたので今週末の予定に向けて急いて治したい。

ところでこんなに病弱ではなかったので年を重ねるのはこわい。

日記

見た目よりかはまずいチャーハン。

なかなか思ったように進まなくて焦る一日だった。見積もりだとシュッとできるはずだったのに、やってみるといろいろ出てきてしまう。 調査系を優先するので実装がどんどん後まわしになってしまっていて進捗感がほぼない。 同僚の最高のリリースを横目でみながら自分の価値について自信をなくしたりもするけど元気です。

思い立って料理をしてみる。包丁は厳しいと思ったので切らなくていい材料だけ。 材料全部ぶっこんだけど3回に分ければよかった。なんで1人分の材料が売っていないの。 うまく出来たらおすそ分けも考えていたけど、雑な独身男性にしか食べられないものが出来上がったので、次回はもっとちゃんとしたい。 目分量は積み重ねのうえにあるというのまた目からうろこだった。こういう発見があるのはいい。

朝はちょっと余裕があったので、いつもと違う出勤方法を試してみたのだけれど、いつもより時間がかかったうえに歩く距離は変わらなくて失敗してしまった。 夏になると汗だくになるので、歩く距離を最小にしたいのだけれど、現在のところうまい策はなし。

日記

一方通行、徒歩だと意識してなかったけど、最近タクシーの運転手にここは曲がれませんねと言われて意識するようになった。

週末ずっと出歩いていてぐったりしているかと思ったけど意外と元気だった。 普段と違うことをするとぐったりするけど、最近こういうのが続いているので慣れてきたのだと思う。 寝だめは出来ないけど、無限に寝るというの、精神的なものであって、別のもので補えれば寝る必要はない。 寝るのは疲れる。

食事、雑な食事をしていて、それでよいと思っていたのだけれど、ちゃんとしたものを食べるとやっぱりおいしい。 食べられるのと、美味しく食べるのは違うというのはその通りで目から鱗。 生きていくのに食事と睡眠だけは絶対に避けられないので、少しでも質を上げて、毎日の質が上がるとよいですね。

睡眠の質は急務な気がする。

週末日記

ワーパー(The World Will Tear Us Apart)のライブを見てきた。

金曜日、昼に三嶋亭にいく活動をする。 ランチでもかなり高い。しかしうまい。 肉が三枚出てきたのだけれど、全体的に量がけっこうあったので、2枚で良かった気がする。 また食べてくなっているので中毒性がある。 午後はお腹がいっぱいで眠すぎてつらくなってしまった。

夜はひとでくんと寿司を吸ってからSMTP++に向かった。 いったときにもそれなりに酔っていたのだけれど、気がついたら1時間くらいで1.5リットルくらい飲んでしまって、さすがにペースが早すぎてふらふらになってしまった。 けっきょく様々な事情を鑑みて最後までいれずに離脱してしまった。体調などを調整できる大人になりたいね。 その後紆余曲折の結果、川で寝てしまったりしていたので最悪だった。

土曜日、朝からあまり調子がよくなかった。軽い二日酔いなのかもしれない。右の後頭部が殴られたかのような鈍痛で寝違えた可能性もある。 近所に出来ていたパンが押し出している喫茶店にいってみたところ、思ったよりお洒落路線の店で、ハーブ系のパスタを食べたりした。 パスタもパンも美味しくて、珈琲もちょうどいい感じで満足だったが、お洒落すぎてちょっと疲れたのでお洒落耐性が必要。

KYOTOGRAPHIEの行ってない展示に行こうと思っていたけど、意外と元気がなかったので、諦めて別のイベントを眺めにいく。 完成したコミュニティに入っていくのが得意(嫌いではない)じゃなくて、モジモジしてしまって、結局端っこのベンチでハートランドを飲むなどして逃げてしまった。 結果、もともと体調よくなかったのもあって講演を聞いているときに居眠りをしてしまった。勿体無い。

そのイベントが終わってから晩御飯どうするかということになって、これだというのが出てこなかったので、3系統のバスがくるバス停にいって、次に来たバスに乗ってみることにする。 定期があるのでどこにでも行けてべんり。

結果、1号系統がやってきて、北西に向かうことに。 千本辺りで降りてみて、ぶらぶらと散歩して、船岡山に登ってみてりしつつ、八雲食堂で軽く飲んだりつまんだり。

tabelog.com

さらにぶらぶらして、最終的にアジャに吸い込まれたものの、最後にきたホソがお腹いっぱいでぜんぜん食べられなかったので、胃の衰退を感じる結果となった。

日曜日、ちょっと早起きして朝ごはんを食べに行く。自家製の味噌汁はよい。 たまたま偶然知り合いも同じ店にやってきて、一緒に地ビール祭にいくことに。 酒に強いメンバーだったので、同じペースについていこうとしたところ、けっこう酔っ払ってしまった。 頭痛とかはこなくなったけど、抗えない眠気はまだくるので、もうちょっとトレーニングして酒に強くならねばならない。 単純にペースとか水を飲んでないからとかそういう理由な気もする。

離脱してライブを見るために西院に向かったものの、時間がけっこうあったので、ぶらぶらしつつ、行ってみたかった ノッタカフェにいってみる。

tabelog.com

グッズをちゃんと作られたりするけど、お洒落すぎることもなくて居心地はよかった。 眠すぎて寝てしまったのが失敗。

その後も眠気が収まらずにカラオケにいって仮眠を取るという若者感のある行動をしてしまった。 ちょっと寝たら回復できるのは、ある意味特技と言える。

ちょっと遅くなってしまったけど、会場に向かって、復活していたのでさらにビールを飲みながらライブを聴いて終了後にシュッと離脱した。 Sundayのアレンジ、個人的にはあれっとなったと正直に書いておきます。

四条河原町まで戻ってきて、晩御飯を食べて帰宅した。漁師めしが感動するほど美味しくて機会があればまた行きたい。

tabelog.com

ちゃんと行った店などを書こうとすると大変なので元気があるときだけにしておきたいが記録は重要。

日記

これは先週の土曜日に食べたケーキです。

寝不足もあってかとにかく後ろ向きな気持ちになる一日だった。 なぜにこんなにも出来ないのか。

午前中を初歩的なことで潰してしまって、午後もうごうご言っているうちに終わっていた。 ちょっと残業して進めたものの普段からもっとパフォーマンスが出せればいいだけで、長時間労働の魅力に負けてはいけない。

公私が切り替わると気持ちも切り替わって明日もがんばろうと思える。