読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちなみに

火曜日の空は僕を押しつぶした。

Rails Girls Kyoto 4thでフリーコーチとしてお菓子を食べてきました

11月20日(金)、21日(土)に開催されたRails Girls Kyoto 4thというイベントにフリーコーチとして参加させていただきました。

railsgirls.com

Rails GirlsはRuby on Railsを使ったワークショップを通じて、女性にWebアプリケーション開発を体験していただくイベントで、フィンランドからはじまり現在では世界各地で開催されています。

僕は、京都では4回とも参加させていただき、大阪、神戸にも参加しているため都合6回目のコーチということで、フリーコーチという名の何でも屋をしていました。 コーチのみなさんがうまくやってくださるので、ほとんどすることがなくてとにかくお菓子を食べながら徘徊しているだけでした。

今回のテーマは「広がり」ということで、ワークショップの内容よりも、コミュニケーションに重きを置いたイベントとなりました。 場つくりのためにクリスマスツリーを持ってきていただいたり、自己紹介の時間をしっかり取るなどして、楽しい雰囲気を作れたように感じます。

自己紹介はオーガナイザーの提案で記者会見カードというのをやってみました。 紙に好きなものなどを書いておいて、それを見せるだけで本人は名前以外は言わずに、周りが気になることを質問するというやり方。 これが大正解で、関西人のツッコミ力を刺激されたのか、みなさんここぞとばかりに質問を繰り出されており、終始笑いの絶えない時間になりました。 また、午前午後二回に分けて自己紹介をしており、チームをシャッフルしたため、多くの人とコミュニケーションを取ることが出来たのも良かったと思います。 そのおかげで今回はアフターパーティでもみなさん楽しく会話されていて、毎回どうしても独りになってしまわれる方が出てスタッフ側で気を配るということをしているのですが、今回はみなさん自然と会話の輪の中に入っていかれていました。

もちろん今回もカヌレ王子こと@higakiさんからカヌレの差し入れがありました。 前回の写真をみてカヌレを食べるために参加したという人がいるくらい、関西Rails Girlの名物になりつつあるようです。 感謝。

今回のオーガナイザーは3rdのときに学生コーチとして手伝ってくれた@yoobu7さんが手を挙げてくださって、さらに参加者だった人たちがコーチをしてくださったりと、これまでやってきたことが実を結びつつあるのを感じました。 チームとしても回を重ねる毎にうまく動けるようになってきているのを感じられて、今後の展開がとても楽しみなイベントになりました。

参加者の方にとってどうだったのかはまた別の話。