読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちなみに

火曜日の空は僕を押しつぶした。

今日も生きてる

今日も生きてる

朝、ガスの点検のため少しだけリモート勤務。朝会始まった瞬間に業者の人が来てタイミング悪い。 昼、誘ってもらって担々麺を食べいった。美味しかったが辛かった。 夕、新人の環境構築などの導入部分のメンター。 夜、全社の歓迎会。食事にありつけなかったので帰って料理した。油買ったぞ。

非常に雑な日記。優秀な人がどんどんやってくるなか自分は全然仕事が進んでない。

ずっと自分は飽きっぽいんだと思っていたんだけれど、もうちょっと掘り下げて考えてみる。

まずは、根本的にしあわせの沸点が低いんじゃないかという気がしている。好きになったものも最低限くらいのもので満足しているように思う。だから好きなものでももっと知りたいとならずにあまり突き詰めて取り組んだりしない。だった最低限で満足なのだから。

いまあるもので満足すると言い換えることも出来る。甘いもの、たしかに大好きだけれど別に調べてまで食べに行こうとは思わないし、たまたま美味しいものが食べられたらそれでいい。むしろ普段は別に安物のお菓子で十分。音楽、好きだけれど執着はない。全然詳しくないし好きなアーティストとかも特にこれってのはない。写真も撮るけどシャッター押すだけで満足してて、カメラのスペックとかよく分からんし、レンズなにそれおいしいの。

あれ、もしかして単純に考えるのがだるいだけなのではないか。今が楽しければよいという感じでただ目の前のものを消費して満足しているだけなのではないか。たしかに、さいきんは漫画けっこう読んでる気がするけど何読んだか覚えてなかったりする。モノを作る仕事をしているのに、モノやモノを作っている人に対してあまりにも失礼。

ふりきって刹奈的な快楽に身を委ねられたらよいのだけれど、なんか妙に頭が難いのだ。

だんだん分かってきたけど、大人になりきれてないだけな気がしてきた。こんなことで悩むのは学生のうちに済ませておくべきて、なんで29にもなってこんなことで悩んでるんだ。あー。

歓迎会の自己紹介をきいていて、僕には自己紹介するネタがないなあと思いながら帰ってきたらこんなことになってしまった。