読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちなみに

火曜日の空は僕を押しつぶした。

know 読んだ

know (ハヤカワ文庫JA)

know (ハヤカワ文庫JA)

あらゆる物に情報材が組み込まれネットワークの一部となり情報量が爆発、その膨大な情報を処理できるように、脳への電子葉の移植が義務化された未来という設定。

ラノベ感覚で軽く読めるSFで、ディアスポラで苦しんでるのと比較するとどうしても荒削り感があった。

面白いのは情報材の普及により超情報社会になるが、人間が圧倒的情報量に耐えられなくなり、情報量を抑制するようになるという設定。ありそう。そこで電脳ですよと、人造の脳葉である電子葉が開発され義務化される。

情報材も電子葉も同じ一人の天才が全て作り上げたというのがお話感のある設定だけれど、天才物は大好物なので良かった。

自分が凡人だと非凡な天才に憧れてしまう。憧れというか嫉妬というか。お話の中だと興奮の対象になる。

話はこの天才の最後の教え子が、失踪した天才から女の子を託されていろいろあるという感じ。いろいろとは本当にいろいろでどう考えても盛りすぎている。消化出来てない設定もかなりあったし、必要ないだろという場面もあって勿体なかった。

しかし、エンターテイメントとしては面白くて気がついたら一気に読み終えていて、こんな時間だった。難しいことを考える訓練が足りない僕には、漫画と同じで想像の余地の少ない案内されているかのような小説は安心して読めるしおもしろい。読み切った満足感は足りないけれども。

秋だし読書欲高まってる。